見た目だけじゃない!オールセラミックの一番のメリットとは?

近年、保険診療の金属やプラスチックではなく、オールセラミックで詰め物や被せ物をする方が増えてきました。一般的に、オールセラミックのメリットは「見た目」が重視されがちで、もしかすると見た目だけしかメリットがないと思われている方もいるかもしれません。しかし、あい歯科クリニックで見た目と同じくらい重要視しているのが、「再虫歯になりにくいこと」です。また、金属アレルギーの心配がないことも大きなメリットだと考えています。

今回は、オールセラミックの3大メリット

1. 再虫歯になりにくい

2. 見た目がきれい

3. 金属アレルギーの心配がない

についてご案内したいと思います。

1. 再虫歯になりにくい

1-1 再虫歯とその原因とは?

詰め物や被せ物をした歯が再び虫歯になることはよくあるケースです。この再虫歯のことを2次カリエスといいます。保険適用のプラスチックや金属は、この2次カリエスになるケースが特に多く、お口の中の状態によっては治療から1年ほどで2次カリエスになる方もいるほどです。

2次カリエスの原因は、歯と詰め物・被せ物の間の隙間で、ここから虫歯菌が入り込みます。詰め物や被せ物をはずしてみたら中で虫歯が広がっている、というのも珍しいことではありません。歯と詰め物・被せ物は、ぴったりとはくっついておらず、わずかな隙間があります。オールセラミックの場合、プラスチックや金属に比べてこの隙間ができにくいため、2次カリエスになりにくいというわけです。

1-2 オールセラミックが2次カリエスになりにくい理由

精密につくられている

まず、型どりや作製の過程において保険診療では高額で使用できない材料を使用します。歯科技工士も熟練の方が作製します。腕に自信のある歯科技工士は、保険診療の作製は受け付けておらずセラミックなどの自由診療しか扱わない、という方も多いです。

接着力が高い

次に、接着力が高いことがあげられます。セラミックの詰め物・被せ物は、レジンセメントと呼ばれる接着剤で取り付けるのですが、化学的結合により接着するためしっかりと取り付けることができます。保険診療の金属やプラスチックは、合着といって物理的に取り付けているだけのため、隙間ができてしまいます。2次カリエスの原因は、歯と詰め物・被せ物の隙間なので、極力隙間をなくせるセラミックは2次カリエスに非常になりにくいといえます。

劣化がほとんどない

金属は年月とともに溶け出したり、劣化したりして歯との間に隙間をつくります。セラミックはほとんど劣化がないため、しっかりとくっついたまま使用することができます。

菌が付きにくい

セラミックの表面は、滑らかで汚れが付きにくく、付いても簡単に落とすことができます。菌がつきにくいため、2次カリエスのリスクも抑えられます。

1-3 2次カリエスにならないことの重要性

虫歯治療は、何回も行なえるわけではありません。再治療をするたびに元の歯は削れらていき、最終的には抜歯になってしまうこともあります。また、再治療のたびに痛い思いをしたり、通院のストレスを感じたりするデメリットもあります。

治療を受けている時に、また虫歯になるかも?と想像するのは難しいかもしれませんが、長い目で見て、長持ちする素材を使うことがおすすめです。

2. 見た目がきれい

2-1 透明感がある

見た目の点で、オールセラミックとプラスチックの大きな違いは、透明感があることです。金属は言わずもがな、色も透明感も全く違いますよね。

天然の歯はわずかに透明感があり、オールセラミックのはその透明感を再現することができます。一番目立つ前歯に使用しても、元の歯と見分けがつかないくらいきれいです。

プラスチックは一見白いですが、透明感がないためマットな見た目で不自然になってしまいます。

2-2 変色がほぼない

オールセラミックは、変色や劣化がほとんどないため、治療直後のきれいな状態を長く維持することができます。プラスチックは吸水性があるため、数年使用すると黄色っぽく変色し、金属は黒っぽく変色していきます。プラスチックと金属は、劣化もあります。

2-3 自分の歯に合わせた色にできる

歯の色は、一口に白と言っても人それぞれ色合いが異なります。オールセラミックなら、真っ白い白さから、黄色っぽい白さまで様々な白さを表現することができます。

3. 金属アレルギーの心配がない

オールセラミックは、金属を使用しないため金属アレルギーの心配はありません。では、金属を使用する銀歯には、どのような危険性があるのでしょうか?

3-1 金属の危険性

銀歯は、口の中で溶け出てイオン化し、体内に取り込まれていきます。今まで金属アレルギーではなかった方も、銀歯が原因で発症することがあります。

海外では、銀歯の成分であるパラジウムの使用が制限されている国もあります。ドイツでは、1993年から禁止する勧告がされており、スウェーデンでは、妊婦と小児には完全に禁止されています。

長期的な健康を考えると、銀歯はおすすめできません。

3-2 メタルタトゥーへの懸念

口の中で溶け出した金属は、歯茎に付着し刺青のように黒くしてしまうことがあります。これをメタルタトゥーといいます。メタルタトゥーは、歯みがきなどで落とすことができず、メタルタトゥーになってから、セラミックに変えても治りません。レーザー治療など特殊な処置でないと除去することができません。メタルタトゥーの除去は保険が効かないため、自由診療の費用がかかってしまいます。

まとめ

オールセラミックの見た目以外のメリットは伝わりましたでしょうか? あい歯科クリニックでは、オールセラミックの分割払いも可能です。

オールセラミックの詰め物:月々3,100円~×18回

オールセラミックのかぶせ物:月々3,200円~×36回

長期的な健康を考えたうえ、詰め物・被せ物を選んでみて下さい。

7 views0 comments