top of page

見た目だけじゃない!オールセラミックの一番のメリットとは?

近年、保険診療の金属やプラスチックではなく、オールセラミックで詰め物や被せ物をする方が増えてきました。一般的に、オールセラミックのメリットは「見た目」が重視されがちで、もしかすると見た目だけしかメリットがないと思われている方もいるかもしれません。しかし、あい歯科クリニックで見た目と同じくらい重要視しているのが、「再虫歯になりにくいこと」です。また、金属アレルギーの心配がないことも大きなメリットだと考えています。

今回は、オールセラミックの3大メリット

1. 再虫歯になりにくい

2. 見た目がきれい

3. 金属アレルギーの心配がない

についてご案内したいと思います。

1. 再虫歯になりにくい

1-1 再虫歯とその原因とは?

詰め物や被せ物をした歯が再び虫歯になることはよくあるケースです。この再虫歯のことを2次カリエスといいます。保険適用のプラスチックや金属は、この2次カリエスになるケースが特に多く、お口の中の状態によっては治療から1年ほどで2次カリエスになる方もいるほどです。

2次カリエスの原因は、歯と詰め物・被せ物の間の隙間で、ここから虫歯菌が入り込みます。詰め物や被せ物をはずしてみたら中で虫歯が広がっている、というのも珍しいことではありません。歯と詰め物・被せ物は、ぴったりとはくっついておらず、わずかな隙間があります。オールセラミックの場合、プラスチックや金属に比べてこの隙間ができにくいため、2次カリエスになりにくいというわけです。

1-2 オールセラミックが2次カリエスになりにくい理由

精密につくられている

まず、型どりや作製の過程において保険診療では高額で使用できない材料を使用します。歯科技工士も熟練の方が作製します。腕に自信のある歯科技工士は、保険診療の作製は受け付けておらずセラミックなどの自由診療しか扱わない、という方も多いです。

接着力が高い

次に、接着力が高いことがあげられます。セラミックの詰め物・被せ物は、レジンセメントと呼ばれる接着剤で取り付けるのですが、化学的結合により接着するためしっかりと取り付けることができます。保険診療の金属やプラスチックは、合着といって物理的に取り付けているだけのため、隙間ができてしまいます。2次カリエスの原因は、歯と詰め物・被せ物の隙間なので、極力隙間をなくせるセラミックは2次カリエスに非常になりにくいといえます。

劣化がほとんどない

金属は年月とともに溶け出したり、劣化したりして歯との間に隙間をつくります。セラミックはほとんど劣化がないため、しっかりとくっついたまま使用することができます。

菌が付きにくい

セラミックの表面は、滑らかで汚れが付きにくく、付いても簡単に落とすことができます。菌がつきにくいため、2次カリエスのリスクも抑えられます。

1-3 2次カリエスにならないことの重要性

虫歯治療は、何回も行なえるわけではありません。再治療をするたびに元の歯は削れらていき、最終的には抜歯になってしまうこともあります。また、再治療のたびに痛い思いをしたり、通院のストレスを感じたりするデメリットもあります。

治療を受けている時に、また虫歯になるかも?と想像するのは難しいかもしれませんが、長い目で見て、長持ちする素材を使うことがおすすめです。