入れ歯

入れ歯について

入れ歯.jpg

型を取り、人工の歯を床の上にくっ付けて、自分の歯に引っ掛けるという簡単なものです。部分入れ歯と総入れ歯の2通りがあり、患者様の歯の状態により治療方法を決定いたします。

入れ歯は歯をほとんど削る必要がなく、治療回数も少なくて済みますが、咬む能力は非常に低く、また、きちんとした管理をして衛生状態を保たないと非常に不潔な状態となり菌が繁殖するなどのリスクもあります。

こういったリスクが嫌だという患者様には、インプラントをお勧めしております。是非ご相談ください。

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯

ご自身の歯が1本でも残っている場合には部分入れ歯が使用されます。また、残った歯が動かないようにするという効果もあります。

FD.jpg

総入れ歯

総入れ歯は、ご自身の歯が1本も残っていない場合に使用します。上の入れ歯と下の入れ歯に分かれており、状態に合わせてお使いいただけます。

入れ歯のお手入れ方法

入れ歯を使用している人は、虫歯や歯周病などの病気を防ぐために入れ歯本体のお手入れと、歯が抜けている部分のお手入れの両方が必要です。

特に部分入れ歯の方は、装置に食べカスが残りやすくプラークがつきやすい状態になっている為、丁寧に行いましょう。

洗浄と保管

入れ歯洗浄.jpg

入れ歯を外して、入れ歯洗浄剤を溶かしたぬるま湯に入れます。汚れがひどい場合には、一晩つけておくと効果的です。

入れ歯は、そのままにしておくと変形や変色、ひび割れなどを起こしてしまう為、必ず水を入れた容器で保管してください。

入れ歯とお口のブラッシング

歯ブラシ.jpg

部分入れ歯も総入れ歯も必ず外してブラッシングをします。このとき、歯を磨く歯ブラシを使ってしまうと入れ歯に傷がついてしまします。入れ歯用のブラシを使用しましょう。部分入れ歯の場合は小さい歯ブラシや歯間ブラシでバネの部分も丁寧に磨いてください。

磨き方は軽い力で細かい動きをして磨くことが大切です。市販の入れ歯洗浄剤なども併用して使うことで、効果的に清掃できます。

また、入れ歯だけではなくご自身の、残った歯や歯茎なども丁寧にブラッシングしてください。