pixta_21695061_M.jpg

全ての歯を失った方へ

All-on-6, All-on-4のご案内

すべての歯、または多くの歯をなくした場合、インプラント以外ですと入れ歯を使用します。しかし、入れ歯は揺れて安定しないため、硬いものが噛めない、きちんと発音できないなどの問題があります。All-on-6, All-on-4は、そのような問題を抱える、総入れ歯をお使いの方や多くの歯を失った方のための治療法です。

All-on-6, All-on-4とは?

上顎は6本、下顎は4本のインプラントを埋め込み、その上にかぶせ物をする治療法です。All-on-6=すべてのかぶせ物が6本インプラントの上にある、というイメージです。
※患者様のあごの骨や口腔内の状態、全身状態などにより、インプラントの本数は増減することもあります。
奥のインプラントは骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分します。そうすることにより、少ない本数ですべての人工歯を支えることができます。

All-on-6,4(set).jpg

総入れ歯とAll-on-6, All-on-4の比較

総入れ歯
  • 入れ歯と歯ぐきの間に食べ物がはさまって痛むことがある

  • 硬いものを食べることができない

  • 歯ぐきが覆われていて、食べ物が美味しく感じられない

  • 入れ歯が動いて、うまく発音できない。話しにくい

  • 食後に入れ歯をはずして洗うのが面倒

  • あごがやせてしまい、年老いて見える

  • 外科手術がないため、簡便に作成することができる

All-on-6, All-on-4
  • インプラントとかぶせ物が固定されているため、食べ物がはさまることがない

  • あごの骨にしっかりと固定されているため、硬いものも食べることができる

  • ご自身の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる

  • 固定されており、かぶせ物が動かないため、しっかり発音できる

  • かぶせ物を取り外す必要がない

  • あごの骨の変形が少なく、若々しい容貌を維持できる

  • ​外科手術が必要なため、全身状態によってはできない場合がある。また、術後に腫れや痛みがでることがある。

All-on-6, All-on-4 治療の流れ

All-on-6, All-on-4は患者様に合わせて治療工程や回数、内容が異なりますので、ここでは大まかな流れをご説明いたします。

01/

検査・診断

全身の状態と口腔内の状態を診査します。次に、あごの骨の量と質を確認するため、レントゲン・CT撮影を行ないます。

planning_1.jpg

02/

オペ

麻酔をして、歯ぐきを切り、骨を削ってインプラント体を埋め込みます。麻酔をかけていますので、痛みを感じることはほとんどありません。患者様の骨や全身状態によって、2回に分けてオペを行なうこともあります。
オペ後、インプラント体と骨がしっかり結合するまで1~数ヶ月おきます。

step-007.tif

03/

仮歯を装着

オペと同じ日に、最終的なかぶせ物を入れるまでの仮歯を入れます。

step-14.tif

04/

最終ブリッジの装着

最終的なかぶせ物を装着します。

step-16.tif

05/

メンテナンス

All-on-6, All-on-4も、メンテナンスが大切です。定期的に歯科医院での検診を受けましょう。

歯ブラシ.jpg