top of page

歯を白くする治療法|クリーニング、ホワイトニング、オールセラミックの違い


歯を白くしようと思ったとき、クリーニング、ホワイトニング、オールセラミックなど、さまざまなワードがあって混乱したことはありませんか?保険がきくのか、自由診療なのか?どんな治療方法なのか?分かりづらいですよね。

今回はそれぞれの治療法と、どんな方に向いているかをご紹介します。



歯のクリーニング

名前の通り、歯のお掃除です。プラークと呼ばれる歯垢や歯石、着色をとります。あい歯科クリニックでは、保険診療内で行なっています。

毎日歯みがきをしっかりとやっていても、どうしても磨き残しができてしまいます。その磨き残しは数日で歯石となり、歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。また、コーヒーや紅茶をよく飲む方、タバコを吸う方は着色がつきやすく、本来の歯の色ではなくなってしまいます。

クリーニングで汚れを除去することで、歯本来の白さを取り戻すことができます。ただし、元の歯の白さ以上に白くすることはできません。人間の歯は真っ白ではなく少し黄色っぽい色をしているので、「歯が白くなった」と感じるのは個人差があります。

クリーニングは、こんな方にオススメ

歯の汚れや口臭が気になる方。

歯のホワイトニング

ホワイトニングでは、元の歯の色よりもさらに白くします。上記のクリーニングで歯の汚れを落としてから、専用の薬剤を使って化学的に歯を白くしていきます。ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。どちらも自由診療となります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは1日で完了することができます。ただし、虫歯や歯周病がある場合には、その治療を行なってからになるので、注意が必要です。

1回のホワイトニングで白くなる方がほとんどですが、それ以上に白くしたい場合は数回行なう方もいます。

あい歯科クリニックでは、1回35,000円(税込)で行なっています。

オフィスホワイトニングの流

  1. 歯の表面をクリーニングします。