top of page

オールセラミックを長持ちさせるためのポイント


歯の機能だけでなく、美しさも兼ね備えた歯科治療を「審美歯科」と言います。この審美歯科で使われる素材は金属ではなく、セラミックなどの白い素材です。美しさを作り出すセラミックの歯ですが、できる限り長く使いたいものですね。

ここではオールセラミックを長持ちさせるためのポイントをお話しします。



オールセラミックの特徴

審美性にとても優れているオールセラミックですが、まずオールセラミックのメリットを挙げてみます。

  • 透明感のある白い歯が実現できる

  • 金属を一切使わないのでアレルギーの心配がない

  • 歯ぐきの黒ずみが無い

  • 陶器素材のため傷がつきにくく、変色しにくい

オールセラミックと銀歯の比較

ここで、保険適用の銀歯とオールセラミックについて比較してみます。

例えば前歯の場合、保険を使った差し歯を「硬質レジン前装冠」と呼ばれます。この硬質レジン前装冠は、表面のみレジンと呼ばれる白いプラスチック素材が使われ、歯の裏側と内部は金属で作られています。この差し歯は前から3番目の歯まで(ブリッジの支台に使う場合は4番目まで)有効ですが、それより奥の歯を保険適用で作る場合、銀歯になります。

また保険適用のものは金属を使うため、年数が経つと接着剤が溶け出し歯ぐきとレジンの間に隙間が出来てしまい、その隙間から虫歯菌が入り込んで再び虫歯になるケースがあります。接着剤も唾液で少しずつ溶かされるため金属がイオン化し、歯ぐきの黒ずみが見られます。

またレジンはプラスチックのため傷がつきやすく、歯の表面の変色は避けられません。費用は抑えることができますが、見た目がどうしても劣ってしまいます。

一方オールセラミックは全てセラミックで作られており、金属を一切使いません。保険適用の歯のように金属が溶けることもないため、歯ぐきの黒ずみなどの心配がありません。セラミックは素材が陶器のため傷がつきにくく、レジンのように変色がほとんど見られないことも魅力です。歯との接着力もよく、虫歯菌などの侵入を防いでくれるため、二次カリエスのリスクが低いところも特徴のひとつです。ただし自費治療のため、費用は高くなります。

このように、オールセラミックは保険のものと比べて機能面、審美面どちらも兼ね備えたとても優れた治療法です。

オールセラミックの強度と寿命は

オールセラミックは強度に優れていますが、金属に比べると若干劣ります。強い力がかかると割れたり、欠けたりするデメリットがあることは否めません。

詰め物・被せ物の寿命は、オールセラミックの方が金属より優れています。一般的に金属の寿命は3~5年くらい、オールセラミックは8~10年くらいと言われています。オールセラミックはメンテナンスをしっかり行なえば、さらに長持ちします。