top of page

オールセラミックで美しい口元に!歯綺麗なことで得られる7つのメリット


健康な天然の歯と見間違えるほどきれいな歯になることができるオールセラミック治療法。見た目の美しさはもちろん、オールセラミックにはたくさんのメリットがあります。喋ったり笑ったりした時、自分で思っている以上に相手に歯を見られています。口から覗いた歯が茶色く着色していたり、銀歯が目立つようでは、爽やかな印象を相手に与えることは難しくなります。

美しく白い歯にしてくれるオールセラミック治療で手に入るメリットにはどのようなものがあるでしょうか。今回はオールセラミックの特徴と7つのメリットをまとめていきます。


オールセラミック治療とは

陶器の素材であるセラミックを使って作られた被せ物を、オールセラミッククラウンといいます。クラウンとは被せ物や差し歯のような人工歯の種類の一つです。

保険診療の範囲内では、銀歯のような金属が使用されますが、オールセラミックにすると銀歯では得られない仕上がりになります。オールセラミックは自由診療になるため、保険診療と比べると高額になり、1本あたりおよそ10万円から20万円程度の費用がかかります。高額にも関わらず人気が高まっているのにはオールセラミックでしか得られない透明感がある白い歯になることが出来るというメリットがあるからです。

ホワイトニングとの違い

白く美しい歯にする方法としてはホワイトニングもよく使われています。歯を白くするだけなら、セラミック治療よりもホワイトニングが手軽です。歯を削ったり新たに人工歯を作ることなく漂白で審美的に導く方法です。

ホワイトニングは衣類を漂白剤で白くするように、歯を白くする方法です。加えて、もともと白色のエナメル質を光りやすくして、黄色の象牙質が見えるのを抑えます。

虫歯などで歯を削る必要がある場合や、歯の形・歯並びを変えたい場合は、ホワイトニングのみでは治療できないのでセラミック治療をします。 また、ホワイトニングでは金属の銀歯やレジンと呼ばれるプラスチックの詰め物までは白くならないので、その部分が目立つ場合もあります。一方、セラミックであれば銀歯やレジンの部分も作り変えることで歯全体を白くすることができます。

セラミックの治療をした後も健康な歯があるのなら、ホワイトニングとの併用で、さらに美しい歯に磨きを掛けるとよいでしょう。

綺麗な歯のメリットとは

それでは、オールセラミッククラウンを使って歯を綺麗にするメリットを考えてみます。

1.美しい口元に

人の表情でとても印象的なのは笑顔ではないでしょうか。笑ったときに白い歯や美しい歯並びをしていると、いい印象を与えることができます。歯が綺麗な人は、顔がすっきりと整って見えるばかりでなく、かわいい・美しい・健康的といった印象も与えます。

特に歯並びは口の開き具合とも関わりが深いため、歯並びのいい人は話すとき口の開き方が綺麗に見えます。唇の形やほうれい線、アゴのラインまで影響するため、白い歯で歯並びが綺麗なら