top of page

インプラントオペの一回法と二回法、違いはどんなこと?

歯を失ったときの治療法として、近年多くの人が選択しているインプラント。そのインプラントオペには、一回法と二回法があります。今回は、インプラント手術の一回法、二回法についてご紹介します。


インプラントの構造

一言でインプラントと言っても、その構造についてまず知っておく必要があります。一回法と二回法の違いの前に、まずインプラントの構造について説明します。

歯科用インプラントは、3つのパーツで構成されています。顎の骨に埋め込み、人工歯根の役割を果たす「インプラント体」、インプラント体と上に被せる歯を繋ぐ部品「アバットメント」、そして「上部構造」と呼ばれる人工歯の3つです。

中にはインプラント本体とアバットメントがひとつになった一体型になったものがありますが、こちらではインプラント本体とアバットメントが別々の構造で作られたものを前提に説明します。

一回法の流れ

インプラント一回法は、外科手術を一回のみ行う治療法です。インプラントを顎の骨に埋めるとき、アバットメントを歯ぐきの外に出しておいて、インプラントと顎の骨の結合を待ちます。その後結合を確認し、人工歯の型取りを行って出来上がった人工歯を着けます。

外科手術が一回で終わるため、患者さまの負担が少ないことが最大のメリットです。

1.インプラント埋入手術

歯を失った部分の歯ぐきに局所麻酔を打ち、痛みを取り除いてから歯ぐきを切開し、専用ドリルを使って顎の骨に穴を開けます。インプラント体を顎の骨に埋めて、アバットメントまで取り付けて頭の部分を出しておきます。この時、仮のアバットメントを装着する場合もあります。これで一次手術は終了です。

2.骨との結合期間

手術後、顎の骨とインプラントの結合期間に入ります。結合期間は患者さんの骨の状態や部位により異なります。

3.型取りの後、人工歯を着ける

顎の骨とインプラントの結合を確認した後、被せ物である人工歯の型取りを行います。型取り後、人工歯が出来上がるとアバットメントに人工歯を着ける処置を行います。この時仮のアバットメントを装着している場合、人工歯を着けるための最終的なアバットメントに取り替えます。

人工歯装着後、噛み合わせなどを調整し、問題がなければこれで治療は終了です。

一回法のメリットとデメリット

メリット

一回法の最大のメリットは、手術が一回で済むため、患者さんの負担が少ないことです。