親知らずって何?


親知らずってどの歯?必ず抜かなきゃいけないの?と思ったことはありませんか?そもそも親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)で、一番後ろ、前から8番目の歯のことです。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは10代後半から20代に生えてくることが多く、親に知られることなく生えてくることから親知らずと呼ばれるようになったそうです。親知らずは上あごと下あご各2本ずつ計4本ありますが、4本ともある人、1本もない人、2本だけある人など、さまざまです。今回は、親知らずを抜いたほうが良い場合、抜かなくてもよい場合についてご紹介します。


抜いた方が良い場合

  1. 親知らずが虫歯になってしまったとき

  2. 親知らずは一番奥の歯なのでお手入れがしにくく、一度虫歯の治療をした後も、再び虫歯になることがよくあります。そのため、あえて治療をしないで抜いてしまった方が良い場合があります。

  3. 横向きに埋まっていて、前方の歯に障害を及ぼしているとき

  4. 親知らずが横向きに埋まっていると、となりの歯を押したり歯肉の腫れや炎症をおこしたりします。そのため、抜くことが多いです。

  5. いつも食べ物がつまったり、歯肉の腫れ・痛みを繰り返しているとき

  6. 親知らずが中途半場に生えていると、ものがつまったり、周囲の歯肉が炎症を繰り返したりします。お手入れもしにくく不潔になりやすいため、抜く場合があります。

抜かなくても良い場合

  1. 親知らずがまっすぐ生えていて、上下でしっかりとかみ合っている場合

  2. 親知らずが顎の骨の中に完全に埋まっており、悪影響が考えられない場合

親知らずが気になる方は、ぜひ一度歯医者さんで相談してみてください。

5 views0 comments