虫歯予防には、だ液が大切です★


虫歯というのは、口の中の虫歯菌が食事に含まれる糖を分解して酸を作り、歯の表面を溶かしてしまうことにより発生します。虫歯にならないためには、日ごろから予防することが大切です。この虫歯予防には、唾液が大切な役割を果たしているのです。唾液は、口の中の汚れを洗い流します。この唾液が少なくなってしまうと、口の中が汚れやすくなったり、虫歯になりやすくなったり、さらに口臭の原因にもなります。また、唾液は口の中の酸によって溶けてしまった歯を修復する作用があります。このようなことから、普段から食事の際はよく神、唾液の分泌量を増やして、口の中の酸を中和させておくことが虫歯予防につながります。

0 views0 comments