top of page

知っているようで知らない!?歯周病の世界


テレビCMでもよく耳にする、歯周病。知っているような、でも自分には関係ないような・・・そんなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?今回は、歯周病についてご紹介したいと思います。




歯周病とは?

歯周病は、歯ぐきと歯を支える骨の病気です。放っておくと歯を失ってしまうこともあり、30代以上の歯を失う原因第1位は歯周病です。また、歯を失う以外のデメリットとして、口臭があります。重度の歯周病は口臭が強く、悩む方も多くいます。

「自分は歯周病じゃないよ」と思う方もいるかもしれませんが、30代の約8割は歯周病だといわれています。逆に歯周病でない人の方が少ないのが現状です。重度になるまで、痛みなどの症状がほとんどでないため、気づかないうちに進行してしまいます。

なぜ歯周病になるの?

歯周病の原因はプラーク(細菌のかたまり)です。歯周病原菌が歯ぐきに入り込んで炎症を起こします。最初は、歯ぐきの腫れや出血などがあり、放っておくと歯を支える骨が溶けていってしまいます。

また、喫煙や糖尿病、ストレス、偏った食生活、薬剤服用(血圧を下げる薬など)も歯周病の進行を促進してしまいます。特に、糖尿病がある方は相互に悪影響を及ぼすので、注意が必要です。

歯周病かどうかを調べるには?

歯周ポケット検査、歯の動揺度検査、レントゲン検査などを行ないます。歯医者さんで「歯肉の検査をしますね」と言われたら、歯周ポケットや歯の動揺を検査しています。また、歯周病は骨を溶かす病気なので、肉眼では分からない骨の状態をレントゲン写真で確認しています。

歯周ポケット検査


歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの間の溝のことです。歯周ポケット検査では、“プローブ”という器具を使って歯周ポケットの深さを測ったり、歯や歯ぐきの内側を触って状態を確認します。歯周ポケットの深さや出血などから、歯周病の進行程度や炎症の有無が分かります。歯を削ったり針を刺したりするわけではありませんが、歯ぐきの状態によってはチクチクするような痛みを感じることがあります。痛いときには、遠慮せずお知らせしてください。