最近人気のオールセラミック治療とは?オールセラミックの基礎知識


オールセラミックとは、金属を一切使わず、セラミックだけで作られている詰め物や被せ物のことです。

保険適用の場合、詰め物や被せ物には金属やプラスチックを使用します。金属はいわゆる銀歯で、口を開けるとすぐに銀歯だと分かりコンプレックスを感じる方もいるのではないでしょうか。また、金属アレルギーの心配もあります。プラスチックは白いですが、透明感がなく不自然な見た目になってしまうことと、着色・変色がしやすく劣化するというデメリットがあります。セラミックの場合は着色や変色がほぼなく、金属アレルギーが起きにくいのがメリットです。また、自分の周りの歯の色に合わせた自然な仕上がりになります。

注意することは、割れる可能性があることと、保険適用にならないので比較的高額になることが挙げられます。

オールセラミックの詰め物や被せ物の種類

オールセラミックインレー

歯の詰め物をインレーと言います。オールセラミックインレーというのは、セラミックだけで作られている詰め物です。

オールセラミッククラウン

歯の被せ物をクラウンと言います。オールセラミッククラウンは1種類のセラミックで作られているものと、表面のセラミックと土台であるフレームの2層のものがあります。クラウンが金属のフレームで出来ているものをメタルボンドクラウン、表面とフレームが両方ともセラミックで出来ているものをオールセラミッククラウンと言います。メタルボンドクラウンを比べると、オールセラミッククラウンの場合は光が透過するので透明度が高く、金属により色素沈着が起こり歯茎が黒くなるなどのトラブルも起きません。

オールセラミックブリッジ

ブリッジというのは、クラウンを連結させて複数の歯に被せる被せ物のことです。歯が無くなった場合に、その両隣の歯を削って土台にし、連結した被せ物を橋を渡すように被せて、歯が無くなったところを補います。

オールセラミックの素材

ジルコニア

ジルコニアの元素は人工のダイヤモンドと言われており、耐久性と強度があります。そのため、力が強くかかるブリッジや奥歯で使われることが多い素材です。もちろん、前歯に使用することもできます。ジルコニアをフレームに使った被せ物は、金属のフレームとは違って色が表面に透けないことがメリットです。フレームとしてジルコニアを使って、表面に歯の色に合わせたセラミックを焼き付けることによって、透明感がある自然な色の被せ物が作れます。

e-max

e-max(ニケイ酸リチウムガラスが含まれているセラミック)は、曲げたときに強度があり、天然の歯のようなしなやかさがあるので、かみ合う歯に傷がつきにくい素材です。また、透明度が高く、前歯に使われることが多い素材です。

オールセラミックをおすすめしたい人

では、オールセラミックはどのような人におすすめなのでしょうか?ここでは、オールセラミックをおすすめしたい人についてご紹介致します。

詰め物や被せ物が金属で見た目が気になる

金属の詰め物や被せ物をしていると、笑ったときなどに口を大きく開けると目に付いてしまいます。しかし、オールセラミックに変更することによって、顔全体や口元のイメージが変わり、健康的で清潔感のある印象を与えることができます。

金属アレルギーがある

金属の詰め物や被せ物は、長期間使うと劣化により、金属が少しずつ溶け出す場合があります。そのため、今は金属アレルギーでなくてもアレルギーになったり、歯ぐきが黒くなってしまう恐れがあります。

歯並びや前歯の形を整えたい

オールセラミッククラウンで、理想的な歯の形に近づけたり、歯並びやすきっ歯を改善できることがあります。歯並びをきれいにすることにより、ブラッシングがしやすくなったり、見た目の印象が良くなったりするメリットがあります。

前歯の形がよくなくて気になってる方はぜひ相談してみてください。

まとめ

オールセラミックの治療は金属を使わないので、金属が溶けることによる歯茎や歯の変色、金属アレルギーが起きる恐れが少なくなります。また、天然の歯と調和するので見た目が自然な歯が実現できます。

しかし、オールセラミックの場合にも金属の被せ物よりも歯を削る量が多い、割れる可能性がある、などのデメリットもあります。そのため、オールセラミック治療の過去の症例を確認するなど、満足した治療ができる歯科医院を探すことが大切です。

50 views0 comments