寝ている間に終わったらいい!?インプラント治療

インプラント治療では、インプラント体を埋め込むオペや人によっては骨を増やす処置が必要です。このような治療をするときには、通常の虫歯治療などで使う麻酔を使いますが、中には寝ている間に治療が終わったらいいのに!と思う方もいるのではないでしょうか?

そう思う方にオススメなのが「静脈内鎮静法」という麻酔方法です。点滴で血管内に鎮静薬を入れていき、少しずつ眠くなっていきます。全身麻酔とは異なり完全に意識がなくなるわけではないので、ぼんやりと周りの状況は分かります。感じ方は人それぞれですが、お酒を飲んだほろ酔い状態やうたた寝をしているような感覚という人が多いです。寝ている間に治療が終わる、とまでは行きませんが、通常に比べるとかなりリラックスした状態で治療を受けることができます。

似た麻酔方法で、笑気麻酔がありますが、静脈内鎮静法の方がより確実に麻酔をかけることができます。

こんな方にオススメ

・オペが不安、怖い方

・オペが長時間になる方

・治療中おえっとなるのが嫌な方

今までオペが不安でインプラントを諦めていた方も、ぜひ一度ご相談ください。

17 views0 comments

Recent Posts

See All