top of page

妊娠中の歯科治療

妊娠中に虫歯の治療って、可能なの?


妊娠中でも、歯科治療は可能です。特に、妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)の安定期では、心配なく治療を行なえます。

妊娠1ヶ月~4ヶ月(妊娠初期)

妊娠初期は、切迫流産が起こりやすい時期です。

治療は応急処置程度に抑え、安定期に治療を行うことをお勧めします。

妊娠5ヶ月~8ヶ月(妊娠中期)

安定期のこの時期は、ほとんどの歯科診療を行なえます。

この時期に、なるべく治療を済ませておきましょう!

妊娠9ヶ月~臨月(妊娠後期)

この時期になると、急なお産等で治療が中断することがあります。

妊娠初期と同じく、治療は応急処置程度に抑え、産後に受診してください。

妊娠中の歯科治療で気になる事

妊娠中のレントゲン撮影・麻酔・お薬の処方等々…、お腹の中の赤ちゃんのことを考えると、心配なことはたくさんありますよね。

しかし、気にしすぎて、治療が行えないと、症状が悪化してしまうことがあります。気になることは、お気軽にお尋ねください。

妊娠中でも可能なこと

・レントゲン撮影

歯科のレントゲン撮影は、首から上のみでお腹に直接X線があたることはありませんので、お腹の赤ちゃんへの影響は気にしなくても大丈夫です。防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽して撮影すれば、さらに安心です。

・麻酔

歯科の治療に用いるのは局部麻酔ですので、通常の使用量であれば母子ともに影響はありません。痛みに耐えて治療を受けるストレスの影響の方が心配ですので、リラックスして麻酔の処置を受けましょう。

確認が必要なこと