妊娠中の歯科治療

妊娠中に虫歯の治療って、可能なの?


妊娠中でも、歯科治療は可能です。特に、妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)の安定期では、心配なく治療を行なえます。

妊娠1ヶ月~4ヶ月(妊娠初期)

妊娠初期は、切迫流産が起こりやすい時期です。

治療は応急処置程度に抑え、安定期に治療を行うことをお勧めします。

妊娠5ヶ月~8ヶ月(妊娠中期)

安定期のこの時期は、ほとんどの歯科診療を行なえます。

この時期に、なるべく治療を済ませておきましょう!

妊娠9ヶ月~臨月(妊娠後期)

この時期になると、急なお産等で治療が中断することがあります。

妊娠初期と同じく、治療は応急処置程度に抑え、産後に受診してください。

妊娠中の歯科治療で気になる事

妊娠中のレントゲン撮影・麻酔・お薬の処方等々…、お腹の中の赤ちゃんのことを考えると、心配なことはたくさんありますよね。

しかし、気にしすぎて、治療が行えないと、症状が悪化してしまうことがあります。気になることは、お気軽にお尋ねください。

妊娠中でも可能なこと

・レントゲン撮影

歯科のレントゲン撮影は、首から上のみでお腹に直接X線があたることはありませんので、お腹の赤ちゃんへの影響は気にしなくても大丈夫です。防護エプロンを着用し、腹部を遮蔽して撮影すれば、さらに安心です。

・麻酔

歯科の治療に用いるのは局部麻酔ですので、通常の使用量であれば母子ともに影響はありません。痛みに耐えて治療を受けるストレスの影響の方が心配ですので、リラックスして麻酔の処置を受けましょう。

確認が必要なこと


・お薬について

妊娠中の方への投薬は、出来る限り控えますが、痛みや腫れが酷く、我慢することによるストレスがお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることがある場合、比較的安全な薬を必要最低限、処方します。

また、授乳中の方への投薬も出来るだけ行いませんが、どうしても必要な場合は、上述のようにお子様への影響が少ない薬を処方します。

・虫歯の治療について

妊娠中は、抜歯や外科手術を必要とする治療は、お勧めしません。緊急性のある場合のみ、医師や歯科医師と相談して治療を受けてください。

その日だけで済む軽度な虫歯の治療から、根の方まで進行してしまった虫歯の治療は行えます。ただし、根の方まで虫歯が進行してしまった場合、状態にもよりますが2~3ヶ月くらいまで治療が続く場合があります。

妊娠中期になり、歯に違和感を覚えたら、なるべく早めの受診をしましょう。

また、日ごろから健診を積極的に受け、健康なお口の中を保つようにしましょう。

17 views0 comments