口呼吸だと、虫歯や歯周病になりやすい!?


本来、人間は鼻呼吸ですが、最近は口から吸って口から吐く、口呼吸の人が増えてきました。口呼吸をしていると、分泌された唾液がすぐに乾いてしまうので、再石灰化による修復ができなくなり、虫歯ができやすくなったり、歯周病を新古させてしまったりします。(※再石灰化とは、酸によって溶けた歯を唾液が修復することをいいます)また、口が長時間あいていると、口の周りの筋肉がゆるみ、前歯は舌の力にだんだんと押し出されて、かみ合わせが悪くなる可能性があります。そして、舌が乾燥することで、味覚が鈍ったり、口臭の原因になったりもします。


もしかして口呼吸?

1つでも該当したら、知らず知らずのうちに口呼吸になっているかもしれません。

無意識に、口が半開きになっていることが多い

  • よく、滑舌が悪い、聞き取りにくいといわれる

  • 睡眠から起きた時、のどが痛いことがよくある

  • 口内炎が良くできる

  • 歯並びが悪い

  • 唇の感想がとても気になる

  • 食べるときにくちゃくちゃと音を立てる

  • いつも片方だけで噛んでいる

2 views0 comments