top of page

前歯の治療はオールセラミックにした方がいい理由とは?


前歯をオールセラミックにすると、綺麗な歯であることに自信を持つことができます。特に、虫歯などで前歯を治療しなければならなくなったときや歯並びを直したいときには、オールセラミックがおすすめです。オールセラミックは寿命も長く、審美性の高い自然な仕上がりになります。

今回は、前歯の治療にオールセラミックがなぜ良いのか、その理由についてご紹介いたします。


美しい仕上がりになるオールセラミック

保険の範囲内で受ける歯科治療では、被せ物に金属を使いますが、セラミックは歯の性質に似せた白色の材料です。 金属を一切使わずにすべてセラミックで作られた被せ物を、オールセラミッククラウンと呼びます。

セラミックのような白く透明感のある素材を使うと、自然で美しい仕上がりになります。

前歯の治療をオールセラミックにした方がいい理由

1.自分の希望の白さにすることができる

セラミックは人工的に色味を調整できるのがメリットです。「とにかく白くしたい」「できるだけ自分の他の歯の色に似せて自然な感じにして欲しい」など、自分の希望に合わせた色にすることができます。

2.健康な天然の歯に近くなる

セラミックの被せ物は、透き通った白い色味を出しているエナメル質という歯の成分に似ているので、天然の歯のように透明感がある前歯の再現が可能です。他の自分の歯との色馴染みが良いのも特徴です。

3.金属アレルギーの心配がない

陶器の素材であるセラミックは金属でないため、オールセラミッククラウンにすると金属アレルギーの心配がありません。近年、アレルギー症状に悩む人が増えており、保険治療で使う金属もその原因の一つです。

歯科治療で金属を使うと、被せ物や詰め物の金属が知らない間に溶け出し、イオン化されて体内に取り込まれます。常に金属イオンと接する状態が続いて許容範囲を超えると、金属アレルギーを発症する可能性が高まります。その点、金属ではないセラミックを前歯の治療に使うと、金属アレルギーになるリスクがなくなります

4.歯茎が変色するおそれがない

保険治療で使われる金属の被せ物や、金属にセラミックを焼き付けたメタルボンドは、時間とともに金属が溶け出して歯茎を黒く染めてしまうことがありますが、陶器の素材であるセラミックは、周囲の歯茎の変色の心配がありません。金属によって一度黒ずんだ歯茎は元の色に戻すことは困難となります。

前歯の歯茎は他人から見えやすい場所だけに、変色を防ぐためにも、オールセラミッククラウンを選ぶことをおすすめします。

5.虫歯になりにくい