前歯の治療はオールセラミックにした方がいい理由とは?


前歯をオールセラミックにすると、綺麗な歯であることに自信を持つことができます。特に、虫歯などで前歯を治療しなければならなくなったときや歯並びを直したいときには、オールセラミックがおすすめです。オールセラミックは寿命も長く、審美性の高い自然な仕上がりになります。

今回は、前歯の治療にオールセラミックがなぜ良いのか、その理由についてご紹介いたします。


美しい仕上がりになるオールセラミック

保険の範囲内で受ける歯科治療では、被せ物に金属を使いますが、セラミックは歯の性質に似せた白色の材料です。 金属を一切使わずにすべてセラミックで作られた被せ物を、オールセラミッククラウンと呼びます。

セラミックのような白く透明感のある素材を使うと、自然で美しい仕上がりになります。

前歯の治療をオールセラミックにした方がいい理由

1.自分の希望の白さにすることができる

セラミックは人工的に色味を調整できるのがメリットです。「とにかく白くしたい」「できるだけ自分の他の歯の色に似せて自然な感じにして欲しい」など、自分の希望に合わせた色にすることができます。

2.健康な天然の歯に近くなる

セラミックの被せ物は、透き通った白い色味を出しているエナメル質という歯の成分に似ているので、天然の歯のように透明感がある前歯の再現が可能です。他の自分の歯との色馴染みが良いのも特徴です。

3.金属アレルギーの心配がない

陶器の素材であるセラミックは金属でないため、オールセラミッククラウンにすると金属アレルギーの心配がありません。近年、アレルギー症状に悩む人が増えており、保険治療で使う金属もその原因の一つです。

歯科治療で金属を使うと、被せ物や詰め物の金属が知らない間に溶け出し、イオン化されて体内に取り込まれます。常に金属イオンと接する状態が続いて許容範囲を超えると、金属アレルギーを発症する可能性が高まります。その点、金属ではないセラミックを前歯の治療に使うと、金属アレルギーになるリスクがなくなります

4.歯茎が変色するおそれがない

保険治療で使われる金属の被せ物や、金属にセラミックを焼き付けたメタルボンドは、時間とともに金属が溶け出して歯茎を黒く染めてしまうことがありますが、陶器の素材であるセラミックは、周囲の歯茎の変色の心配がありません。金属によって一度黒ずんだ歯茎は元の色に戻すことは困難となります。

前歯の歯茎は他人から見えやすい場所だけに、変色を防ぐためにも、オールセラミッククラウンを選ぶことをおすすめします。

5.虫歯になりにくい

オールセラミッククラウンを装着するときは、保険治療の金属の被せ物に使う接着剤とは違う、唾液による劣化が起こりにくい特殊な接着剤を使います。そのため劣化による隙間が出来にくく、虫歯にもなりにくいのです。

6.美しい歯をキープできる

陶器の素材でできているセラミックは着色や劣化が起こりにくい歯科材料です。長い間、口の中にあっても黒ずみや欠ける心配がないので、美しい歯を維持することができます。

7. 他人に爽やかな印象を与えることができる

前歯に着色があったり、金属の被せ物が目立つと相手が抱く印象は悪くなります。歯の色が気になり、話していてもつい視線がそちらにいってしまうことも。しかしオールセラミックにすると見た目が美しくなるだけでなく、歯並びもきれいに整えることができます。また、本物の歯と区別がつかない自然な仕上がりになりますので、爽やか健康的清潔感のある印象を与えることができます。

オールセラミックの治療、5つの流れ

オールセラミッククラウンにする場合、治療の流れは大きく5つの段階があります。簡単に治療の流れを見ていきましょう。

1.カウンセリング

どのような見た目にしたいかなどの希望を伺います。そして、それに合う治療の方法や流れ・費用などをご説明します。おおよその治療方針が決まったら、更に詳しく問診や検査が行われて、治療計画を作成します。

2.土台を作り、形を整える

セラミックの差し歯の土台を作ります。神経をとる治療をした歯の場合、土台をたてますが、セラミックの土台には金属ではなくファイバーコアやレジンコアを使います。これは、金属のように固い素材を使って歯の根が割れやすくなるのを防ぐのと同時に、金属アレルギーのリスクを下げるためでもあります。また、金属の土台を使ってしまうと、せっかく透明感のあるセラミックを被せても金属が透けて黒く見えてしまいます。神経がある歯の場合は土台はたてずかぶせ物をします。

3.仮歯で歯茎の状態を調整する

神経の治療中やセラミックの歯ができるまでの間は、仮歯を取り付けます。一時的に見た目を良くするほか、歯茎が下がらないようにする効果があります。

4.オールセラミッククラウンの型取りをする

セラミックの歯を作成するための型を取ります。精度の高い歯型を作ることで、セラミックの歯のフィット感や噛み合わせをアップできます。

5.セラミックを装着する

歯型から作成されたオールセラミッククラウンを装着します。実際に口の中に入れてみて、高さやコンタクト(隣の歯とのきつさやゆるさ)を調整しながら丁寧に装着します。セラミック歯は一度装着すると修正が効きません。最終調整はとても大切な工程です。

装着してから1週間ほど、実際に使ってみて違和感がないか様子をみます。

オールセラミッククラウンの相場は1本あたり10~20万円前後

オールセラミッククラウンの前歯治療は自費診療のため歯科医院によって費用は異なりますが、相場は安いところで1本あたり10万円程度、高くても20万円が一つの目安です。カウンセリングからセラミック歯の装着まで、4、5回程度の通院が必要です。

まとめ

前歯の治療にオールセラミッククラウンを使うと、とても大きなメリットがあります。

自然で透明感のある歯になるのはもちろん、虫歯のリスクも抑えられ、耐久性も抜群です。保険治療で使われる金属と違って自費診療のため費用はそれなりにかかりますが、今話題になっている治療法なのです。

54 views0 comments