top of page

初めてインプラントをする人必見!インプラント治療の基礎知識

「入れ歯が合わなくて辛い」 「入れ歯のお手入れが面倒くさい」 「物を噛んだ時に歯茎と入れ歯の隙間に食べ物が挟まって痛い」 「入れ歯以外の選択肢はないだろうか・・・」 と考えている人はいませんか。

現在ブリッジを検討している方の中には、ブリッジは他の歯にも影響が大きいと聞いて他の選択肢を検討しているという方もいらっしゃるでしょう。そして、事故や怪我で歯を失い、失った歯の代わりになる治療法はどんなものがあるか知りたいという方も多いでしょう。

そんな方のお悩みをすっきり解決するのが「インプラント」です。インプラントはあなたの悩みを解決し、快適な第二の歯となってくれます。今回はインプラント治療の気になるポイントごとに、基礎知識を簡単に解説します。


インプラントは人工的な”本物の歯”を作る技術

「インプラント」とは、人工的な歯の根を埋め込み、その根の上に人工的な歯を作り上げる技術です。

差し歯と同じ?と思われるかもしれませんが、差し歯は自分の歯の上に被せるもので、インプラントは人工の歯根の上に被せるものです。また、ブリッジのように周りの歯に削ったりかぶせたりといった負担をかけることもありません。

入れ歯のように口の中に歯の形をしたものを入れて、歯のように使う技術でもありません。入れ歯のように口から零れ落ちてしまったり、歯茎と入れ歯の間に物が挟まって不快な思いをしたりする心配もありません。生まれつき歯がない場合でも問題なく治療が可能です。

まさに「人工的な本物の歯を作る技術」なのです。

インプラント治療は従来の治療方法よりメリットが多い!?

インプラントはただ人工歯を作り上げるだけではなく、インプラントの治療の中で噛み合わせの調整も行います。ただ単にインプラントをするだけでは周りの歯と馴染まず、かえって顎に負担をかけてしまい顎関節症の引き金になってしまう可能性もあります。

また、インプラントが上手く馴染まない場合には歯茎が痛み、歯周病の原因になる他にもケアが大変になってインプラントで作り上げた歯以外が虫歯になってしまう可能性もあります。その為しっかりと噛み合わせの調整を行う必要があるのです。

インプラントは人工的な歯根と歯を作り上げ、本物の歯のように食べたり磨いたりできるという天然歯に近い歯を作ることができる治療方法です。単にインプラントによって歯を作り上げるだけで終了ではなく、口の中の総合的な環境やトラブルを改善する治療でもあるのです。

  1. 本物の自分の歯として使える人工歯を作り上げる

  2. 自分の歯のように使えるから食事が楽しくなる

  3. お手入れも自分の歯のようにできる

  4. 口臭による悩みが少ない

  5. 入れ歯のように当たって痛みがでたり、違和感を感じることがある