初めてインプラントをする人必見!インプラント治療の基礎知識

「入れ歯が合わなくて辛い」 「入れ歯のお手入れが面倒くさい」 「物を噛んだ時に歯茎と入れ歯の隙間に食べ物が挟まって痛い」 「入れ歯以外の選択肢はないだろうか・・・」 と考えている人はいませんか。

現在ブリッジを検討している方の中には、ブリッジは他の歯にも影響が大きいと聞いて他の選択肢を検討しているという方もいらっしゃるでしょう。そして、事故や怪我で歯を失い、失った歯の代わりになる治療法はどんなものがあるか知りたいという方も多いでしょう。

そんな方のお悩みをすっきり解決するのが「インプラント」です。インプラントはあなたの悩みを解決し、快適な第二の歯となってくれます。今回はインプラント治療の気になるポイントごとに、基礎知識を簡単に解説します。


インプラントは人工的な”本物の歯”を作る技術

「インプラント」とは、人工的な歯の根を埋め込み、その根の上に人工的な歯を作り上げる技術です。

差し歯と同じ?と思われるかもしれませんが、差し歯は自分の歯の上に被せるもので、インプラントは人工の歯根の上に被せるものです。また、ブリッジのように周りの歯に削ったりかぶせたりといった負担をかけることもありません。

入れ歯のように口の中に歯の形をしたものを入れて、歯のように使う技術でもありません。入れ歯のように口から零れ落ちてしまったり、歯茎と入れ歯の間に物が挟まって不快な思いをしたりする心配もありません。生まれつき歯がない場合でも問題なく治療が可能です。

まさに「人工的な本物の歯を作る技術」なのです。

インプラント治療は従来の治療方法よりメリットが多い!?

インプラントはただ人工歯を作り上げるだけではなく、インプラントの治療の中で噛み合わせの調整も行います。ただ単にインプラントをするだけでは周りの歯と馴染まず、かえって顎に負担をかけてしまい顎関節症の引き金になってしまう可能性もあります。

また、インプラントが上手く馴染まない場合には歯茎が痛み、歯周病の原因になる他にもケアが大変になってインプラントで作り上げた歯以外が虫歯になってしまう可能性もあります。その為しっかりと噛み合わせの調整を行う必要があるのです。

インプラントは人工的な歯根と歯を作り上げ、本物の歯のように食べたり磨いたりできるという天然歯に近い歯を作ることができる治療方法です。単にインプラントによって歯を作り上げるだけで終了ではなく、口の中の総合的な環境やトラブルを改善する治療でもあるのです。

  1. 本物の自分の歯として使える人工歯を作り上げる

  2. 自分の歯のように使えるから食事が楽しくなる

  3. お手入れも自分の歯のようにできる

  4. 口臭による悩みが少ない

  5. 入れ歯のように当たって痛みがでたり、違和感を感じることがある

  6. しっかり噛むことで全身にも良い影響を与えることができる

  7. 歯並びを含めてインプラントによって総合的に改善できる

  8. 発音もはっきりできる

インプラントは従来の多くの方法よりメリットの多い治療方法といえます。


クリニックにおけるインプラント治療の流れ

では、インプラント治療はどのような流れで行われるのでしょう。治療の流れも基礎の基礎とも言える知識です。

  1. 予約を取る

  2. 口の中の状態を見る

  3. インプラントの計画を立て、方法や料金の説明が行われる

  4. インプラントの前に治療すべき部分を治療する

  5. インプラントの埋め込み

  6. インプラントで形成した歯も併せて歯並びや噛み合わせの改善

  7. 定期的に術後の経過を見る、ケアやメンテナンス

インプラントは患者さんの口の状態によっては、先に治療が必要な場合があります。例えばインプラントを希望している患者様の口腔内に酷い虫歯や歯周病があるという場合は、まずはインプラントをする前にトラブルを治療するところから始まります。

そして人によってインプラントで形成する歯の数が異なることから、治療計画は一人一人に合ったプランが立てられます。基本的な流れは決まっていますが、インプラントの本数や口腔内の状況によって順番が微妙に前後することもあります。

診療から手術後の固定までの期間は?

治療に要する時間は、3ヶ月から1年くらいは見ておきましょう。期間もインプラントの本数や口の中の状況によって大きく異なります。

先に治療すべき歯があればその分だけ完了までに時間がかかります。途中でしっかりと経過を観察することや、骨の癒着を待つ期間も必要になります。また、施術が終わった後も暫らくは短い期間で診察を繰り返すこともあります。

慎重に治療を進める必要があるので、治療期間は比較的長く見積もる必要があります。長期間ではありますが入れ歯やブリッジ、挿し歯のように「治療したばかりなのにまた取れた」ということがほとんどないため、頻繁に再治療が必要になることはありません。長い目で見れば、時間を掛けても惜しくない治療と言えるでしょう。

基本は保険外診療!費用はどのくらい?

インプラントの費用相場は、一本につき30万円から50万円を見る必要があります。本数が増えればさらに料金が増します。また、インプラントの治療前に治療が必要な歯があれば、その治療費や経過観察の診察代も加算されることになります。

基本的に保険外診療にあたるため、健康保険は使うことができませんが医療費控除の対象になります。

定期的なメンテナンスを忘れずに!

インプラントは人工的な歯の根を埋め込み、人工的な歯を被せる治療法です。

本当の歯のように人工歯を使うことができますが、「本当の歯のように」ということは、つまり天然歯と同じようにケアが必要ということです。

入れ歯の場合は、はずしてブラシで洗い、入れ歯洗浄液で綺麗にします。インプラントのお手入れ方法は入れ歯とは異なります。インプラントは取り外さないので、基本は天然歯と同じように歯みがきします。ただし、インプラントの部分だけインプラント用の歯ブラシを使うことをおすすめします。また、インプラント用の歯みがき粉などもありますので、併用してみましょう。歯ブラシの選び方や磨き方は、歯科医師や衛生士に聞けば患者さんに合ったものを紹介してくれます。自分お口の中のことですから、こまめなケアで清潔に保ちましょう。

インプラント治療の後は定期的な検診が必要になります。インプラント治療をしていない場合でも定期検診は重要ですが、特に術後は一定期間ごとにこまめに歯科クリニックで検診を受けましょう。

定期検診ではインプラントがしっかりと馴染んでいるか、口や顎に余計な負担はかかっていないかなどの診察が行われます。同時に、効果的なブラッシング方法等の指導が行われます。気になることがあったら定期検診でしっかり相談しましょう。

ご自身の歯と同じようにケアし、不具合を感じたらすぐに歯科医院に相談することが大切です。

最後に

入れ歯でも物を食べることはできますが、どうしても「自分の歯ではない」という感覚が残ってしまいます。そこで検討したいのがこのインプラントという方法です。

噛み合わせや歯並びも個人に合わせて調整することができますので、歯が復活したように食生活を楽しむことができ、負担の多い生活から解放されることでしょう。

入れ歯やブリッジを検討している方や、既に入れ歯やブリッジを使っている方は、インプラントを視野に入れて自分の口の健康を考え直してみてはいかがでしょうか。

2 views0 comments

Recent Posts

See All