何歳からみてもらえる?お子さんの治療

「何歳から歯医者さんに行った方がいいですか?」

「ほかの歯医者で泣いてしまって治療ができなかったのですが…」

というご質問をよくいただきます。

お子さんの治療となると、自分自身の治療よりも不安なことが多い、という方が多いのではないでしょうか。

今回は、お子さんの治療の流れについてご紹介したいと思います。

何歳から歯医者さんに行くか?

歯が生えてきたら、治療や予防処置ができます。当院では、虫歯ができる前から歯医者さんに通ってもらい「歯医者さんは楽しいところ」という印象を持ってもらうことが大切だと考えています。

虫歯ができてからの治療は、麻酔の注射をしたり歯を削ったりと、痛みを伴うところがあります。痛い・怖い思いをすると、歯医者さんが嫌いになり、そのまま大人になっても歯医者さんに行かず…。急激な痛みが出たときに歯医者さんに行ってみたら、また痛い治療をして、最後には自分の歯がほとんどない…という悪循環に陥ってしまいます。小さい頃、歯医者にトラウマを持ってしまうと歯がボロボロになるまで歯医者に行かない、という大人の方は多くいらっしゃいます。

そうならないためにも、痛くない、怖くない予防処置で歯医者さんへのトラウマを作らないようにしたいと考えています。

予防処置:クリーニング

お家でしっかり歯磨きしていても、磨き残しは意外とあるものです。汚れや歯石などをチェックして、きれいに落とします。

予防処置:ブラッシング指導

お子さんが小さい場合は、親御さんに点検みがきの仕方をご説明します。磨き残しやすい場所を確認したり、歯ブラシの当て方を練習したりします。歯ブラシやフロス、歯磨き粉の選び方なども併せてご案内していきます。

予防処置:フッ素

歯面にフッ素を塗って、虫歯になりにくくします。フッ素は虫歯予防の効果がありますが、虫歯にならないわけではありません。予防の基本は、ご自宅での正しいブラッシングと歯医者さんでのメンテナンスなので、定期的に歯医者さんで診てもらいましょう。

予防処置:シーラント

奥歯が生えてきたら、シーラントという予防処置がおすすめです。奥歯には前歯と違って溝がありますが、この溝が虫歯になりやすいです。シーラントは白い材料をその溝に詰めて、虫歯になりにくいようにする処置です。削ることはないので、痛みもありません。乳歯、永久歯、どちらの奥歯にも処置することができます。

泣いてしまって治療ができない場合

当院では、緊急性のある治療を除いて、無理やり治療をすることはありません。最初は、診療台に座るところから、器具や材料を見てもらったり実際の使い方を説明したりして、少しずつ慣れていきます。小さいお子さんは、午前中の方が比較的ご機嫌のときが多いので、その時間での受診がおすすめです。

緊急性のある治療の場合で、泣き叫んでしまう、暴れてしまうなど場合は、ネットを巻いて治療することも稀にあります。しかし、トラウマになりやすいので、ひどい虫歯になる前に予防処置で通うことをおすすめします。

あい歯科クリニックでの取り組み

受診したお子さんには、ガチャガチャのコインをプレゼントしています。院内はピンクと白を基調とした優しい雰囲気で、怖さを軽減させています。また、歯を削るときのキーンという音が小さい診察台を使っているので、音だけで恐怖心を抱く、というリスクを最小限に抑えられると考えています。

キッズルームには幼稚園教諭または保育士資格を持つスタッフがおり、親御さんの治療中、無料でお子さんをお預かりしています。託児を希望の場合は、予約の時に「託児も希望」とお伝えください。

ご家族でぜひ一度検診にいらしてください。

14 views0 comments