一般的なインプラント治療にかかる期間と治療の流れ


インプラント治療は、他の治療より時間が掛かると言われています。インプラント治療は外科手術が必要で、より安全に治療を行うためには事前に十分な検査や準備が必要だからです。

インプラント治療を行う場合には、初診ですぐに治療に入ることはなく、十分に説明を受け納得した上で治療を開始することになっています。ここでは、そんなインプラント治療の治療期間や流れについてお伝えします。


インプラントとは?

インプラントとは事故や虫歯などによってなくなった歯の部分に人工的な歯根を埋め、噛む力を取り戻す治療法です。歯を支えている骨に人工歯根であるインプラント体を埋め、その上に人工の歯をかぶせます。

インプラントの構造

インプラントは天然の歯に似た作りになっています。

天然の歯には長い歯根があり、それが歯肉の中の骨に埋まっていて歯を支えています。 インプラント治療では、この天然の歯根の部分にチタン合金などで作られた人工の歯根を歯槽骨に埋め込みます

天然歯もインプラントもいずれも歯の支えになる歯根があるため、入れ歯のようにずれてしまったり、外れたりすることもありません。食べたり話したりということが自然にできるというメリットもあります。

そして天然の歯とインプラントの違いは材質が異なることと、骨との結合の仕方が異なっているということです。天然の歯の歯根と歯槽骨は歯根膜によって繋がっていますが、インプラントの場合人工歯根は骨との間の結合組織がないと言われています

歯根膜はクッションの役割があるため、天然の歯とインプラントでは厳密に言うと噛み心地が異なるとも言われています。しかし実際には粘膜や骨、歯肉などから噛む感覚が伝わるため違いを感じる方は少ないようです。

インプラントの治療期間

インプラント治療には人工歯根を歯茎の中に埋め込み、歯肉と人工歯根が結合するのを待って連結部分を付け、人工の歯を被せるという過程があります。その中で人工根が結合する期間に2~6か月ほど掛かるため、インプラント治療の期間はトータルで3か月~10か月程度かかることが多いようです。

この期間を虫歯治療と比較すると長いと感じる方も多いかと思いますが、インプラント治療は顎の骨に穴をあけ器具を埋め込む外科的手術が必要となるため、ある程度の期間が必要となるのです。

口の中の硬さや環境なども人それぞれなので、治療期間についても個人差がでます。

虫歯や歯周病がある場合にはまずその治療を行います。骨の量が少ない方は骨を増やす治療を行った後にインプラント治療を行うことになっています。入れる本数が多ければ多いほど期間は長くなりますし、骨が柔らかい方は時間が掛かることがあります。

つまり、治療期間はあくまでも目安でしかないということです。かかりつけの歯科医師とじっくり話し合った上で、自分はどのようにしたいか、どれくらいの期間が実際にかかるのかなどをきちんと確認しておきましょう。

最近では人前に出る仕事のため歯がない状態で長期間生活できない、仕事が忙しいので長期間通えないという方が多いため、抜歯と同時にインプラント治療を行ったり、埋入手術後すぐに仮の歯を入れる治療法など短期間で進める治療法もあります。こういった治療法はできる人とできない人がいるため、歯科医師と相談した上で治療を受けましょう。

インプラント治療の流れ

1.精密検査&治療計画の確認

インプラント治療を行うには、まずは治療する前にどれくらいの本数の歯がなくなっているのか、どんな状態なのか、骨の硬さや骨格、噛み合わせなどをきちんと把握しておく必要があります。

そこで歯科クリニックでは、レントゲンやCTスキャンなどを使用し、患者さんのお口の中の環境や骨格を確認した上で治療計画を決めていきます。

さらに、どういった治療が必要なのか、治療方法や費用、通院期間などのカウンセリングを行った上で、患者が同意して初めて治療が始まるのです。もし、骨が足りない場合は骨造成手術などを行う場合があります。

2.一次手術

インプラント治療での手術は一度で終わる場合と二度に分ける場合があり、患者さんによってそれぞれです。

一次手術では歯茎を切開してあごの骨を削り、歯の土台になる人工歯根を埋め込みます。このとき、局所麻酔が使われますのでほとんど痛みはないようです。それでも痛みに不安があるという場合には、無痛鎮静法など麻酔法があるので相談してみましょう。

手術時間は1~3時間程度で、埋入自体は15分程度で終わることもあります。入院の必要もなく日常生活にすぐ戻ることができます。

3.定着期間

一次手術が終わったら消毒や抜糸などを行い、インプラントが骨と完全に結合して定着するのを待ちます。 個人差はありますが、3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。

4.二次手術

インプラントが定着したら、埋め込まれたインプラントの頭の部分を出してアバットメントと言われる部分を装着する手術が行われます。一度でまとめて行う場合は、このアパットメントの装着までを一次手術のときに行います。

5.人工歯を装着する

歯茎が治ったのち歯の型を取って歯の色や形、歯並びを確認しながらインプラントの上に人工歯を作っていきます。二次手術から1~6週間後に人工歯を被せれば、インプラント治療は終了です。

まとめ

インプラント治療について、またその期間や流れについてご紹介しました。

インプラントを少しでも長持ちさせるには、自身の歯と同じく毎日の生活の中で正しいブラッシングやお口のケアを行い、お口の中を健康にしておくことが重要です。歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシを使ってこまめにケアすることが重要です。

さらに、定期的に歯医者さんで検診を受け、しっかりとご自身の歯と向き合う時間を設けましょう。

プロの手を借りて自分では行き届かないところまでキレイにしてもらうことが大切です。レントゲンを使って骨の状態を見てもらったり、お口の中の環境やかみ合わせがうまくいっているかなど、歯科クリニックで診てもらうことで歯の健康を守ることができます。

インプラントのメンテナンスについては可能であれば3ヶ月に1回程度のペースがおすすめです。それが無理なら最低でも年に1、2回はチェックを受けましょう。

みなさんが快適にインプラント治療を受けられることを心から願っています!

2 views0 comments

Recent Posts

See All