top of page

クリーニングとホワイトニング、何が違う?

歯が白くきれいだと、お顔全体の印象がぐっと明るくなります。歯を白くするとき、クリーニングとホワイトニングどちらをすればいいのでしょうか。今回は、その2つの違いについてご案内したいと思います。

クリーニングとホワイトニングの違い

クリーニングは、歯石や着色をとって歯本来の白さにします。ホワイトニングは、元々の色よりもさらに白くします。洗濯に例えると、クリーニングは通常の洗濯、ホワイトニングは漂白、といったところです。

クリーニングでは、コーヒーや紅茶などによる着色、タバコのヤニなどをとることができます。ただ、人間の歯は元々真っ白ではなく少し黄色っぽいため、白い歯にするにはホワイトニング必要になります。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

1. カウンセリング

まずは、お口の中の状態や現在の歯の色を確認します。

2. 歯の清掃

歯のおそうじをして、お口中をきれいにします。

3. 歯ぐきの保護

ホワイトニング剤が歯ぐきにつかないよう、保護剤をつけ光を当ててかためます。

4. ホワイトニング剤の塗布

ホワイトニングジェルを塗布します。

5. 光を当てる

光を当てることで白くしていきます。

6. ホワイトニング剤の除去

ホワイトニングジェルを除去します。4~6を3回程度繰り返し、徐々に白くしていきます。

7. 保護材の除去

歯ぐきを保護していた保護材を除去します。

8. 仕上げの研磨

ペーストで歯の清掃を行い、ホワイトニング完了です。

ホームホワイトニング

1. カウンセリング

まずは、お口の中の状態や現在の歯の色を確認します。

2. 歯の清掃

歯のおそうじをして、お口中をきれいにします。

3. 歯の型どり