オールセラミックを選ぶ理由

歯の詰め物やかぶせ物をするとき、保険適用の材料か自由診療の材料か、選ぶ必要があります。近年、自由診療のオールセラミックを選択する人が増えています。保険適用の材料に比べると高い金額になりますが、様々なメリットがあり長い目でお口の健康を考えると、オールセラミックがおすすめです。当院のスタッフが自分で治療を受けるときは、オールセラミックで治しています。

セラミックとは?

セラミックは、高い強度を持った鉱石です。陶磁器や包丁、最近では人工関節などにも使われています。セラミックのみで詰め物やかぶせ物をする「オールセラミック治療」では、金属を一切使わないので金属アレルギーの心配がありません。歯科用セラミックの中にもいくつか種類があり、患者様のお口の中の状態などに合わせて最適なものを選択します。

オールセラミックはこんな方にお勧め

  • とにかく、綺麗に治したい

  • 銀歯は嫌

  • 体に優しい材料を使いたい

  • 金属アレルギーがある

  • インプラント以外の治療も検討したい

  • 歯科矯正を考えている

オールセラミックを選ぶ理由

1.自然で美しい歯にすることができる

天然歯(自分の元々生えている歯)は光を通し、透明感があります。セラミックも光を通すので、天然歯のような透明感を表現することが可能です。数年前までは、メタルボンドという金属の上にセラミックを重ねたかぶせ物が多く使われていましたが、内側に金属があるため透明感がありませんでした。すべてをセラミックで作ることで、より本物の歯のような見た目に仕上げることができます。

2.変色しない

保険診療では金属やレジンというプラスチックが広く使用されていますが、どちらも劣化や変色があります。金属は黒くなり、レジンは黄色く変色していきます。セラミックは劣化や変色がないので、きれいな状態のまま長く使うことができます。

3.再虫歯になりにくい

再虫歯は、歯とかぶせ物・詰め物の間のわずかな隙間から虫歯菌が入り込むことで起こります。ぴったり合っているようでも、実は数ミクロンの隙間があります。特に数年前に入れた金属の詰め物・かぶせ物は、劣化することで隙間ができやすくなっています。また、金属を歯につけるとき、合着といってセメント物理的についている状態です。

セラミックの場合は、接着といってセラミックとセメントの化学的結合によって装着することができるため、よりぴったりとくっつき、虫歯菌が入りにくい状態にすることができます。

4.歯ぐきが黒くならない

金属を使ったかぶせ物をしていると、歯ぐきが黒くなることがあります。これは、金属が溶けて歯ぐき

5.金属アレルギーの心配がない

すべてセラミックなので、金属アレルギーの心配がありません。

まとめ

保険診療は安価で受けることができる反面、材料や見た目にこだわることができません。

自由診療は見た目やお口の健康にこだわることができますが、全額自己負担のため費用が高くなりがちです。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、ご自身に合った治療法を検討してみてください。

39 views0 comments