top of page

インプラント治療と差し歯・ブリッジ・入れ歯の違いとは?


インプラント治療は、インプラント本体の人工歯根を顎の骨に埋め込むというもので、無くなった歯を取り戻す治療方法として知られています。

インプラント治療を初めて受ける場合には、さまざまな不安を感じる方が多いでしょう。インプラントについて正しく理解し、安心して治療を受けたいですよね。

ここではインプラント治療のメリット、差し歯治療とインプラント治療の違い、ブリッジ治療とインプラント治療の違い、入れ歯治療とインプラント治療の違いについてご紹介致します。


インプラント治療のメリット

インプラント治療の場合は他の治療法と比べ外観的にも美しく、違和感がなく、健康な歯へ影響が及ばないことが大きなメリットです。保険診療のブリッジ治療や入れ歯治療の場合は費用が安く、手術も必要ないというメリットがあります。

しかし、この場合は健康な歯にまで良くない影響を与えてしまう恐れがあり、長期間治療後の状態を維持することが難しいのがデメリットです。

一方、インプラント治療の場合は噛む力も自然の歯と同じように維持することができ、しっかりとメンテナンスを行うことで長い期間そのまま使用し続けることができます。そのため、インプラント治療は長い目で見ても大きなメリットがある治療法と言えるでしょう。

差し歯治療とインプラント治療の違い

差し歯治療とは、天然の歯(ご自身の歯)の根がまだ残っている場合に歯冠部被せ物を差し込むという方法です。残っている歯根に土台をたて、その上に被せ物をします。

差し歯治療ができる条件としては歯根がまだ残っている場合であり、全く歯が無かったり歯を抜いてしまったりしている状態では治療ができません。つまり、歯が無くなった場合に歯を補うというようなブリッジ治療や入れ歯治療とは、性質が全く違っている治療の方法であると言えます。

インプラント治療の場合は天然の歯がないところにインプラントを歯根の代わりに埋め込んで、人工の歯をその上にはめ込む方法です。

差し歯治療とインプラント治療が混同してしまうことがありますが、インプラント治療の場合は骨の中に人工のチタンの歯根を埋め込み、差し歯治療の場合は金属の土台を自然の歯根に埋め込むという治療方法です。

治療方法の違いに不明点がある場合には、必ず歯科クリニックに相談しましょう。

ブリッジ治療とインプラント治療の違い

ブリッジ治療というのは、歯が無くなったところの両サイドにある歯を支柱にするために削り、人工の一体型の歯をそこに被せることで歯が無くなった部分をカバーする治療方法です。

しっかりと固定されるため入れ歯のようにガタつくことがなく、手術する必要もないため手軽です。1本、2本歯が抜けた場合には有効な方法の一つです。

しかし、支柱にするために健康な歯を削る必要があることと、過剰な負担を強いるので、健康であったもともとの歯の寿命が短くなってしまうという大きな