こんな症状でていませんか?


早めに歯医者さんへ行って欲しい症状


痛みがある

歯に痛みがあれば、歯科医院に行く方は多いですよね。虫歯や歯周病は痛みがおさまる時がありますが、治ってはいません!また、一度おさまっても再度痛みがでることがあります。さらに、最初よりも痛みが増すことも。

しみたり、違和感、痛みがでたときには、ぜひ受診してください。




詰め物・被せ物がとれた

詰め物や被せ物がとれる原因として最も多いのは、再虫歯です。一度被せ物をしたら、もう虫歯にならないんじゃない


の?と思うかもしれませんが、被せ物をしている歯が虫歯になることは、よくあります。詰め物や被せ物は歯にしっかり付いているように見えますが、わずかな隙間があります。数ミクロンの世界ですが、その隙間から虫歯菌は入り込みます。そして、再虫歯となって詰め物・被せ物が合わなくなり、とれてしまうのです。

詰め物や被せ物がとれてしまった時には、念のためとれたものを持参して歯科医院へ行きましょう。

とれにくい詰め物・被せ物をしたい、という方には、セラミック製のものがおすすめです。オールセラミックの詰め物・被せ物は、精度が高く歯にしっかりとくっついて、通常よりも隙間ができにくくなっています。また、金属の詰め物・被せ物の場合は歯と詰め物・被せ物の間を埋めるようにセメントで付けますが、セラミックの場合はセメントと分子結合によりくっついているため、より隙間ができにくく耐久性に優れたものとなります。

入れ歯が合わない、汚れがある

入れ歯も、一度作ったら終わりではありません。歯に固定している留め具を調整したり、歯ぐきに当たる部分を削ったり、洗浄が必要です。メンテナンスをせず使用すると、歯ぐきや歯に痛みがでたり、お口の中が不潔になってしまいます。

また、入れ歯以外の残っている歯の検診も非常に大切です。虫歯や歯周病がないかチェックし、歯垢や歯石の除去をしてもらいましょう。

歯ぐきの腫れ・出血

歯ブラシをしたら血がでた、という経験はありませんか?その症状は歯肉炎や歯周病のサインかもしれません。歯肉炎が進行すると歯周病に、歯周病をさらに放置しつづけると、歯を支えている骨が溶けて歯が抜けてしまいます。歯周病は痛みや自覚症状が出にくく、気づくとひどくなっていた、というケースが多くあります。

歯ぐきが赤くなっている、腫れている、ぶよぶよしている、出血する、口臭がひどくなった、などの症状があれば、早めにみてもらいましょう。

歯が汚い

歯石がついている、歯に着色がある、差し歯が黄ばんでいる、などの症状はありませんか?

毎日しっかり歯みがきしていても、どうしても磨き残しができてしまいます。そして、それが数日で歯石になっていきます。歯石になってしまうと、歯ブラシでは落ちません。歯科医院で、スケーラーという機械を使って除去していきます。また、着色も除去していきます。歯石が多量についてしまうと、虫歯になりやすくなったり口臭が気になったりするので、定期的に歯科医院でプロのケアを受けましょう。

黄ばんだ差し歯や変色した銀歯は、作り変えが必要になります。歯科医院で相談してみましょう。

歯が抜けたまま

歯が抜けた後、そのまま放置するとどうなるでしょうか?何も変わらないのでは?と思うかもしれませんが、実は空いた隙間を埋めようとして他の歯が動いてしまいます。隣の歯が空いたスペースに倒れてきたり、かみ合う歯が長くなってきたりします。歯が動くことで噛み合わせが悪くなり、食事がとりづらくなったり、顔のバランスに悪い影響を与えたりします。歯と歯の間が広くなり、そこにプラークが多くたまって虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

歯が抜けたり、抜歯した後には、インプラント、ブリッジ、入れ歯のいずれかの方法で治療をしましょう。

4 views0 comments