おやつのとり方を工夫しましょう


おやつは子供にとって食事の一部であり、楽しみでもあります。つい好きな物ばかり食べさせてしまいがちですが、食べる物・食べ方を工夫して歯を健康に保ちましょう。虫歯になりやすい食べ物・なりにくい食べ物をいくつか挙げてみます。




虫歯になりやすい食べ物


砂糖を多く含んでいて、粘着性の高いもの

  • キャラメル

  • ガム(砂糖入り。キシリトールでないもの。)

  • ソフトキャンディー

  • ケーキ

  • コーンスナック

  • 菓子パン

  • チョコレート

  • クッキー

虫歯になりやすい飲み物

  • 哺乳瓶で飲むジュースやスポーツ飲料

  • 炭酸飲料

虫歯になりにくい食べ物


砂糖を含んでいない。または、自然の糖分で、食べかすも残りにくい。

  • りんご、バナナ

  • プリン

  • ゼリー

  • ヨーグルト

  • アイスクリーム

  • フライドポテト

  • せんべい

  • チーズ

虫歯になりにくい飲み物

  • 牛乳

  • お茶

  • 麦茶

おやつのとり方のポイント

  1. 時間を決めて、1日2回までに。食事とおやつの間は、歯の修復の時間として最低2時間は空けましょう。

  2. 甘いもの+甘くないもの、組み合わせを工夫して。クッキーとお茶、ジュースとおせんべいというように、組み合わせを工夫しましょう。

  3. おやつを食べた後は、歯磨きやうがいをして、口の中に糖分や食べかすを残さないようにしましょう。

  4. 夜、寝る前の歯磨きは特に丁寧に!睡眠中は唾液の分泌量が減り、食べ物が口の中に残りやすくなるので、しっかりと歯を磨きましょう。

キシリトールは歯にいいの?

キシリトールは、天然素材の甘味料で、虫歯になりにくくする働きがあります。しかし、たくさん食べるとおなかがゆるくなる特性があるので、食べすぎないように注意しましょう。

0 views0 comments