top of page

おさらいしておきたい!インプラント治療のこと


最近ではインプラントと呼ばれる新しい治療法が人気になっており、多くの歯科クリニックで行なわれています。

これまでのように虫歯や歯周病を治療したり、予防ケアするだけではなく、もし歯がなくなってしまっても人工的な歯根を埋め込んで元のような状態にまで持っていくことが可能となりました。

もともと英語のimplant(インプラント)は「埋め込む」という意味です。医療の世界では、「生きた組織などを移植する」「人工的に人体の一部の代わりになる物を埋め込む」という意味があります。また、埋め込んだ物のこともインプラントと呼んでいます。

歯科クリニックで用いられるのは、デンタルインプラントです。人工の歯根を埋め込むことによって、虫歯や歯周病など、歯科の病気で歯を失ったとしても義歯(入れ歯)より強力で、尚且つ安定的に歯を保つことができます。

入れ歯やブリッジのように、これまでの義歯よりメリットの大きなインプラント治療。その魅力と治療方法、そして注意点を見ていきましょう。

インプラント治療の基礎知識

歯科で扱うインプラントはデンタルインプラントです。歯を失ってしまった際に入れ歯やブリッジ、差し歯のように噛み合わせや食べづらさの点で問題の多い方法ではなく、歯を新しく人工的に作り直すアプローチで注目を集めています。

入れ歯は歯に食べかすが挟まりやすく、口臭や歯周病になりやすいのはもちろん、噛み合わせの調整が難しいため歯痛や顎関節症、肩こりなどの原因になりやすいといわれています。

一方、インプラント治療ではご自身の顎の骨に直接人工の歯根を埋め込んで、人工の歯を被せる方法です。入れ歯より義歯そのものが安定して設置できるので、歯を失う前のような噛みごたえを取り戻すことができます。

具体的にはフィクスチャーと呼ばれるネジを顎の骨に埋め込みます。その先端にアバットメントという義歯の芯を取り付け、さらに人工歯を付けて見た目も噛み心地も健康な歯と同じような状態へと近づけていきます。

インプラント治療の流れ

インプラント治療をしたいと思ったら、まず歯科医院で必要な検査や診断を受け、治療計画を作成してもらいます。

インプラント治療は、手術が必要になります。手術と言っても早い場合で10分程度で終わる処置です。内容は、フィクスチャーと呼ばれる人工歯根の埋め込みます。顎の骨に埋め込むため、局所麻酔が使用されます。その後、3ヶ月から6ヶ月程度、顎の骨とインプラント器具が結合されるまで待ちます。必要な期間には個人差があるので、定期的な検診が欠かせません。

そしてフィクスチャーと人工歯の芯になるアバットメントを付け、さらに人工歯を装着して治療は完成です。ただ、インプラント治療は手術後も定期的な検診を受ける必要があります。3ヶ月から半年に1回程度、歯科医師にインプラントの状態をチェックしてもらいましょう。

インプラント治療は自然に近い噛みごたえと食べる喜びを取り戻せる、魅力的な治療です。ただし、治療代や治療期間が掛かること、持病によっては受けられないケースもあります。まずはインプラント治療を扱っている歯科クリニックに相談してみることから始めてみてください。

インプラント治療のメリット